育毛剤で若かった頃の髪と心に戻ります

現在、我が国では「薄毛」に悩む方が多くいます。男性では1000万人(30代で10人に1人、60代で2人に1人)、全体の約3割を占めると言われています。また、「薄毛」の悩みを抱えているのは、何も男性だけでなく、女性でも600万人が悩んでおり、特に20〜30代の若年層で急増しているのです。そんな方々にとって、「育毛剤」は最後の頼みの綱でしょう。しかし、いくら高級で品質の良い育毛剤を使っても、根本的な問題が解決しなければ、「薄毛」や「脱毛」からは脱することは出来ません。では、その根本とは何でしょうか。それは生活習慣の見直しです。これには5つのポイントがあります。1つ目は、ストレスを溜めないことです。自律神経が緊張すると頭皮が血行不良になって、髪に栄養が届かなくなってしまうのです。2つ目は、食生活です。髪は「ケラチン」というタンパク質で出来ており、これは食べ物から作られます。また、ビタミンやミネラルも不可欠です。3つ目は、十分な睡眠です。髪は寝ている間に頭皮に血液が流れて伸びます。また、成長ホルモンの分泌は午後10時〜午前2時の間にピークを迎えるので、夜更かしは禁物です。4つ目は、運動で全身の血液循環を良くすることです。ウォーキングやストレッチなどが効果的です。(屋外での運動の際には、頭皮や髪を傷める紫外線に注意が必要です。)5つ目は、飲酒や喫煙を控えることです。お酒は髪の成長を妨げ、煙草は血管を収縮させて頭皮の血行不良に繋がります。こうした生活習慣を改善した上で、育毛剤を用いるのが効果的です。では、育毛剤にはどのような種類があるのでしょうか。まず1つ目は、頭皮に直接つけてマッサージをする「外付けタイプ」です。2つ目は、シャンプーやトリートメントです。これはお手軽ですが、即効性はありません。3つ目は、飲み薬やサプリメントです。有効成分(フィステナリドやミノキシジルなど)を経口摂取します。これによって、頭皮に必要な栄養を補給出来ます。最後に、育毛剤の主な効果・効能として、まず1つ目に髪を作り出す毛根の毛母細胞に直接働きかけて活性化するというものがあります。2つ目は、頭皮の血行を促進することです。3つ目は、皮脂の分泌を抑えて、毛根の詰まりを取り除く働きです。その他にも、抗酸化作用や活性酸素を取り除く働き(ビタミンE)、男性ホルモンの抑制、女性ホルモンの活性化などが挙げられます。

MENU

育毛剤で若かった頃の髪と心に戻ります